必見!!花々の競演!「花と泉の公園」のぼたんイベント

最近、自分のマイホーム、岩手県内一関市花泉町にいる「花と泉の公園」のぼたん催しに同士といってきました。
仙台から高速バスで一ノ関駅前までキロし、女性に迎えに来てもらい、花と泉の公園まで送ってもらいました。
「花と泉の公園」は、ぼたん園とベコニア館から構成されていて、まずはベコニア館を観賞しました。玉石混淆に咲き誇るベコニアは極めてきれいで、見とれながら見ていると、急遽「ベコニアの鉢植えが一斉にキロを開始しました!これには何となく仰天しました。
そして、緩やかな登りのスロープを、ベコニアの花を楽しみながら上っていくと、真盛の部分にちっちゃな教会のオブジェがあり、クマのぬいぐるみの夫婦が婚礼を挙げている雰囲気が実現されていました。ちっちゃな教会の中には、ステンドグラスもあり、凝った組立でした。
また、ベコニアの鉢植え想い出が用意されていて、体験してみたかったのですが今回は年月の関係上できませんでした。
そして正午はおやりがいの「抱えバッフェ」。一関市花泉町は「日本一の抱えの町」として知られてあり、本日も日替わりで約20型式の抱えクッキングを好きなだけいただけます。マイホームでも新年に食べる定番の抱えクッキングから、変わり種の抱えクッキングまで、60分間の年月盛りだくさん食べまくりました。驚いたのは、「いちごみるく」・「ミートルーツ」など、抱えからは想像のつかないクッキングも並んでいたことです。やっぱし日本一の抱えの町!
さて、満腹になったあとはぼたん園。こちらには無数のぼたんとしゃくやくが路地で展示されていました。満開の陽気より幾らか手早く行ったので、まだ咲いていない花もありましたが、ぼたんに無数の範疇があることを知って驚きました。どれもデザインやトーンが異なりますが。自身端麗でした(「世界に一つだけの花」の歌詞みたいですね)。
楽に時間は過ぎ、返る時間になったので、もっと女性に迎えに来てもらい、一ノ関駅舎に送ってもらいました。途上、マイホームの真横を受かるので、折角だからとマイホームの庭園を案内しました(中に入ってゆっくりする時間はなかった結果)。
来季は満開のショップを見に行きたいな、と思いました。そして同士にマイホームをクエスチョンできてよかったです。総量規制対象外 お金 借りる

家屋は必ず屑住居です。こちらじゃいかん。

喜ばしい建物にいるのに、埃家屋になっちゃってる。
せっかくのミニハイクラス建物が、だい無し。
引っ越してきた当時は、綺麗な部屋をキープしていたのになあ。
いつのまに、これ程散らかったんだろう。
でもこないだは、ベランダのダンボールと発泡スチロールを捨てた。
ベランダが綺麗になった。もう埃はない。うれしい。
そしたら業務も入ってきたかな?入ってきてないかな?うーん、繊細です。
まったく断捨離は貫く。続いては、デスク人目を綺麗にしなくては。
目下、恋人が帰ったら、決める。いらないものを捨てて、綺麗にしよう。
埃を埃カバンとして使われるから、果てしなくジャンク。埃カバンがたくさんある階段。
でも恋人は、薬の山中は捨てても良いって言ってたな。
とにかく次月も受け取れるものだから。おどろいた。とっ時なって仰るかと思った。
埃を片付けて、クリーナーをかけよう。
埃を片付けて、クリーナーをかけて、綺麗な部屋で麦茶が飲みたい。
はい、断捨離がんばるぞ。キレイモ 顔脱毛

成約執筆—今年最後の吉報と、滝の如く漏れる涙—

いざ以て、俺は妻から手渡された一通の用紙を、薄氷を踏むような思いで開いて読み始めた。

拝啓
時下初めてご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、先日は弊社入社開始にご応募取りまことに有難う。
厳正なる資料選択の数字、是非とも完了相談にお越しいただきたく、下記のとおりご先導申し上げます。
(以内要約)

敬具

じわりじわりと、視界がぼやけ、書面が霞んで見えなくなって行く。
悲観から生まれたほんの僅かな希望の芽だった。してそこには今までのような「不」とか「否」といった物騒な頭文字は何処を見渡してもゼロ。
とうにそれ以上はよむ仕事がなかった。
「感嘆?」
妻のあんな囁きかけの前に俺は涙を食い止めることができなくなった。
それは更に、次から次へと滝の如く溢れ出ては、滴り落ちていく。
「幾らか、ごめん」
俺はもうそう言うのが精一杯だった。そしてかつての元彼N・Aとあのとおり一線を越えてしまっていたらと思うと一層居た堪れない気持ちになった。
ぎりぎりのところで踏み止まって正解だった。
一頻り、俺は妻の吉報を全く自分の素行のように喜んだ。キレイモ 0円

わたしの最近の目印はタイピングを速くうつ店

私の今の基点は、タイピングを速くなりたいことです。営業で、端末をうつことが多いので、極力速く打って営業を終わらせたいのです。10食い分増える文章を8食い分で終わらせれば2食い分他のことができます。その2食い分も、なにか仕事をしていたいというぐらい営業が好きです。こういう、営業好きな持ち味は私の父というみたいでおとうさんも生涯壮健と言って仕事をしています。ありがたいことに、おとうさんは自営業なので自分の好きなタイミングで辞職というなの休息なのです。ですから、眠りにつくその日まで仕事をしていたいといっていました。その気力に私も甚だ共感できます。できることなら、自身が親子を養いたいぐらいだ。但し、現代未だに旦那のほうがいよいよ報酬は多くて、女が飼うとなると相当な追及がいります。それでも今は、私の児童は小さいので、働く時間にも限界があります。だからこその、タイピングが速くなって見込めることがますます上がるので速くうてるようになりたいのです。そればっかりは、リピートトレーニングというか慣れしかないので、通常精一杯頑張っています。大人になっても、基点があるはずいぶん楽しいだ。徹頭徹尾、大学生が何かにむかって頑張っている気持になります。ミュゼ キャンペーン

老後の住み替え、元気なうちにすませられてよかった

実家の老父母を住み替えさせることができました。雪国の為、実家のある領域は年取ってくると雪かきが大変になるので家屋に住みかえる人たちが数多く、実家は究極、停留所からも15当たりぐらい歩かなくてはならない不便な立地でした。築40カテゴリー間近いので、古くて冬季は冷えます。
65を過ぎた位ぐらいから、網膜剥離なども患ったお父さんには操作もやめてもらいたく、賃貸でいいから引越すみたい求め、ネットで、しらべた屋敷の連絡を繁殖コピーしてファックスで送ったりしていたのですが、マイホームがなくなることに不安があるようでずいぶん首をたてに振りませんでした。とあるケース、お父さんから私の名義の通帳がでてきて、幾らか残金があるから登録するように、という通話がありました。まだまだ自営の配管専業の仕事を続けていたお父さんですが、70年齢を過ぎて終活なのか、生活まとめをはじめたみたいでした。そういったなか奥様も定期貯えなどをまとめだしたようで、しばしば聞いてみると想定外に貯えがあるらしきことがわかってきました。どケチで一緒に食生活をめぐってもぜったい払わないし、貰う賜物もファストファッションや100均もので暮らしているのをみていて、アパートは貧乏なんだと思い込んでいたのですが、ケチりながら貯めこんでいたのでした。
なんとなく思いついて、利潤取引がてらユーズド家屋も買ったら?といった提案したら、賃貸には乗らなかったお父さんが至極乗り気になって生じるではありませんか。
田舎で暮らしているのを弟にもバックアップを仰ぎ、屋敷をダラダラ巡り、お家から15当たりほどで、究極も停留所も間近い良い屋敷をみつけ、提案からちょっと半年ほどで転居を果たしました。ミュゼ 100円