京都大フィールド科学教育研究センターの中川光助教らが発表したのですが、京都府や滋賀県の川に生息する魚の分布を表皮やフンなどに由来する水中に放出されたDNAを調べる事で推測できたそうです。

今までも理論としては存在していたものの、精度がどれくらいかというのが分かっていなかったようです。今後は昆虫や藻類なども調べてみたいとの事です。

しかしDNAを調べるというのは凄いですね。事件現場なんかでもほんの僅かに残された汗などを調べる事で解析出来るなんて言いますし、もの凄い便利ですね。

この水中に漂っているDNAで分布を調べるというのは魚自体を捕まえたりする必要がなくて魚を傷付ける心配もなければ魚を捕獲するのに手間取る事もなくなる画期的な技術なんじゃないでしょうか?

まぁ今までがどんな調べ方をしていたのか分からないので本当に魚を捕まえてたか分からないんですけど…

この調べる方で分かるのは大体どれくらいの範囲なんでしょうか?もしかして調べた場所によっては今まで見つからなかったDNAが発見されて新種が見つかるなんて事もあるかもしれませんね。特に日本国外だとそんな事ありそうです。

今後どれだけ普及するんでしょうか。